フェイスリフトは切らない施術もある

今回は糸を利用したフェイスリフト

フェイスリフトは種類がたくさん今回は糸を利用したフェイスリフト

人によっては目の上下や唇の部位もリフトアップ術に含まれることがあり、今回自分が受けることになったのは口周りの引き上げを行うことが出来る頬のリフトです。
実際に施術を受ける際に驚いたのが、施術に使用する糸は一生肌に残るものではなく、時間をかけて体内に吸収される溶けるタイプの医療糸を使用することです。
溶ける糸というとすぐに溶けてしまって、せっかくリフトアップしたのが元に戻ってしまうのは?と感じていました。
しかし実際に糸が溶けるまでにかかる時間は半年〜1年ほどなので、一度引き上げた皮膚は糸が溶けてもそのままの状態で維持することが出来るのは非常に魅力的です。
もちろん糸を通す必要があるので最初は赤みなどが発生する可能性がありますが、施術後は痛みや赤みもそこまで長引かず、周りにも気付かれにくいのも初めて美容整形を受ける人にとって安心だと感じました。
クリニックによっては糸で皮膚を引き上げる直接的なリフトアップの方法ではなく、細い糸を数十本肌に挿入することで肌にハリを出し、皮膚の弾力を出して自然なリフトアップ効果を得る施術方法も人気だと知りました。
肌に傷跡を残さない糸を利用した施術や、レーザー機器などを利用する方法が非常に人気があります。
ただ確実にリフトアップを得たい場合や、短期間で効果を得たいという場合にはメスを利用した切る手術が確実だということも知りました。
切る施術は顔の目立ちにくい部分を選んで切るようにしているので、傷跡はほとんど見えなかったり、時間が経てば傷跡も残らないことが多いので、確実な効果を得たい人にはメスを利用した切るフェイスリフトも効果があると知りました。
ただ顔の傷をつけるのは少し抵抗感があったので、今回は糸を利用したフェイスリフトを受けましたが、仕上がりも綺麗でこの施術に満足しています。